TOP光熱費ゼロを実現するZEH

光熱費ゼロを実現するZEH

すごく環境にいい家だね

ゼロ・エネルギー住宅「ZEH(ゼッチ)」とは

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。
太陽光発電で生み出す電気と冷暖房効率と断熱環境を効率化して、ご家庭で使用する電気料金を0円にする省エネシステムがゼロエネルギー住宅「ZEH」です。
低炭素社会に向けて国も推奨しており、補助金の対象にもなっています。
ZEHは「省エネ」「創エネ」「畜エネ」「HEMS」の4つの特徴を基盤に、従来のスマートハウス以上に効率よくエネルギーを消費・生産します。

使うエネルギー-(エネルギーを減らす工夫+つくるエネルギー)=0

家計支出が安い

電力小売自由化を最大限活用

一年を通じて快適

家計支出が安い

家計支出の3分の1を占める光熱費。従来のオール電化住宅ではエコキュートやIHヒーターなどを使用して光熱費の一本化と効率化を進めてきました。ZEH住宅ではこれらに加え、太陽光発電システムの設置とHEMSと呼ばれる電力の見える化、家庭用蓄電池を積極的に利用しエネルギー支出とエネルギー収入のバランスを限りなく平行に近づけます。また、サッシや断熱材の性能をアップし、住宅そのものの高断熱化によりエネルギーロスを最大限に抑えることで住まいの快適性と省エネをサポート。電力自由化によるお得な電力使用メニューをライフスタイルに合わせることでさらに効率的で家計に優しいシステムを構築します。

一般の住宅に比べて毎月の負担が少ないんだね

一般住宅とテクノゼロとの毎月の支払い額の違いイメージ

電力小売自由化を最大限活用

夜間の電気代は昼間の約3分の1。夜間に蓄電池に充電したコストの安い電力は昼間の電力として利用。
太陽光発電の利用とあいまって、電力会社からの買電を極力少なくします。
また2016年4月から電力の小売自由化が始まりました。ガス会社や通信会社など様々な企業が電気の小売を始めるようになり、価格競争が進んでいます。
こうしたローコストな電力を選ぶことでさらに割安に光熱費を抑えることが可能です。

蓄電池搭載で割安な夜間の電力を有効活用できます。

夜間のお得なメニューを活用できるのは魅力的だね

蓄電池搭載で割安な夜間の電力を有効活用できます。

夜間の電気代は昼間の約1/3
だから、夜間に充電した電気を昼間に使えば、その分の電気代は1/3になります。

※昼間の放電は雨天時など太陽光発電が機能していない時や停電時に限られます。図は関西電力の場合(2015年8月1日時点) ※電力メニューは電力会社により異なります。詳しくは、建築地での電力会社にてご確認ください。

ZEH住宅の仕組み

太陽光を電気エネルギーに変え、家庭でエネルギーを創り出すことができます。省エネで高性能の設備と高気密・断熱性の高い断熱材で消費エネルギーをグッと抑えます。エネルギーを見える化することで最適に制御管理するシステムです。太陽発電の電気エネルギーをムダなく蓄えて、有効活用できます。使わずに余った電力は売電して収入になります。

高水準の断熱設計で一年中心地よく

高水準の断熱設計で一年中心地よく

壁、天井、床に効果的に断熱材を入れ、住まい全体を包み込むような断熱設計標準で従来の木造住宅を上回る新省エネルギー基準に対応しています。

Low-Eトリプル真空サッシ

Low-Eトリプル真空サッシ

単板ガラスに比べ4倍強の断熱効果を持つLow-Eトリプル真空サッシを主要窓に使用。日射をカットし、中の空気の温度を外に逃がしません

HEMS

HEMS

家のさまざまな家電製品をネットワークでつないで、エネルギーの「見える化」をしたり、状況に応じて機器をコントロールすること省エネな暮らしを実現するシステムです。

高効率エアコン

高効率エアコン

光熱費の多くを占めるのが冷暖房費。エネルギー消費率が低く、暖房機能を強化した高効率エアコンの導入でエネルギー消費を抑えます。

全館LED照明

全館LED照明

蛍光灯の1/5の消費電力のLEDを家中の照明に使用。

○○Kw太陽光発電

○○Kw太陽光発電

電気を生み出す場所である太陽光発電にはPanasonic○○を使用します。発電量トップクラスで温度上昇に強く、冬の低日射でも効率的な発電が可能です。

玄関ドア

玄関ドア

断熱性能をワンランクアップした断熱性に高い玄関ドアを使用。

蓄電池

蓄電池

太陽光発電の電気をムダなく有効活用。コンパクトで場所をとりません。

オシダホームのZEH普及目標

ZEH周知・普及、コストダウンに向けた具体策とその他の取り組み

お客様にわかりやすいZEHの資料をホームページに掲載する。
また、完成見学会、雑誌の広告をする場合もZEH案内スペースを確保していきます。
そして、見学会、電話でのお問い合わせにも社員がしっかりわかりやすくご説明できるよう、社内で定期的にZEH勉強会を開き、知識と意識を高める努力をしていきます。ZEHにした場合のメリットを数字的にも比較しやすい表を作成するなど、お客様がZEHに対してより身近に感じられるよう工夫して伝えていきます。
ZEH住宅に携わる設備メーカー様等、協力会社様にも、ZEH住宅に対するご理解を頂き、コストダウンにも力を入れていきます。

ZEH普及目標と実績

オシダホームは2020年までにZEH普及率55%を目標に設定しています

2020年までのZEH普及目標

pagetop