TOP家づくり長期優良対応で快適+省エネ

長期優良対応で快適+省エネ

選べる断熱、「内断熱」と「外断熱

選べる断熱、「内断熱」と「外断熱」

通気性と断熱性を兼ね備えた長く、快適に過ごせる家

住まいの断熱は春夏秋冬を問わず今や当たり前となっています。しかし住まいの性能が向上し、気密化が内外の温暖差によって生じる結露が大きな問題になっています。テクノストラクチャは単なる断熱だけではなく、住まいの長寿命化にも留意。構造体の耐久性を高めるため通気構法を採用しています。壁体内通気 をはじめ、小屋裏換気、床下換気など、住まい全体の通気に十分配慮して、構造体の耐久性を高める工夫を施しています。

高水準の断熱設計で一年中心地よく

高水準の断熱設計で一年中心地よく

壁、天井、床に効果的に断熱材を入れ、住まい全体を包み込むような断熱設計標準で従来の木造住宅を上回る新省エネルギー基準に対応しています。

壁体内通気工法

壁体内通気工法

外気温と室温との温度差での壁体内結露を防ぐために、外壁材と透湿防水シートの間に15mmの通気層を確保しています。

テクノビームの結露防止

テクノビームの結露防止

テクノビームの芯材となる軽量H形鋼の結露防止として、板状の高性能ロックウール断熱材やポリスチレンフォームを施工しています。

床下換気

床下換気

「換気スぺーサー」の採用により、一般的な基礎切り欠きの換気口に比べ床下の湿気を効果的に排出し、土台や柱脚部の腐れを防いでいます。

改正省エネ基準 (H25基準)をクリア。
最高ランクの断熱工法

改正省エネ基準(H25基準)をクリア。最高ランクの断熱工法

高品質・高性能のパナソニック電工製品テクノストラクチャーの家は、改正省エネ基準(H25基準)を最高ランクで対応した高気密・高断熱住宅です。省エネルギー性を高める適材適所の断熱仕様で、夏の厳しい暑さを和らげ、冬の室内の暖かさを逃さない断熱性能を確保。断熱に最も大きな影響を受けやすい窓面もペアガラスやガス入りサッシ、樹脂サッシなどを利用することで、室内の快適温度を逃がさない工夫が詰まっています。
もちろん健康性能も配慮。シックハウスに配慮した最高ランクの「F☆☆☆☆」の低ホルムアルデヒト商品の採用や、ノンホルマリンタイプの接着剤の使用、ダイオキシンの発生の原因となる塩ビ仕上げ材を使用しない自然環境に配慮したカラダにも地球にもやさしい住まいです。

テクノストラクチャー外張り断熱工法「くるみ~な」

きれ目なくすっぽり覆う外張り断熱で、更に高い断熱性のくるみ~な

くるみ~なの家は、柱や梁などの住まいの骨組みの上から家全体をきれ目なくすっぽり覆う外張り断熱工法です。気密・断熱性能により、屋外の不快な温度をシャットアウト、家の中が効率的に冷暖房されるため、ひろいリビングや吹き抜けのあるお家でも省エネで快適な暮らしが実現できます。
※外張り断熱工法「くるみ~な」は全てのテクノストラクチャー工法の家に標準装備されているものではありません。ご採用には、別途費用をご負担頂きます。

くるみ~な壁パネル

くるみ~な壁パネル

パナソニックオリジナルの1枚3役を兼ねる優れた壁パネルです。パネルのつなぎ目も断熱材で覆い、断熱・気密の切れやすい接合部もしっかりカバーします

くるみ~な天井断熱

くるみ~な天井断熱

屋根からの日射熱を効果的にシャットアウト。夏場の熱のこもりを防ぎます

くるみ~な床ボード

くるみ~な床ボード

床からの冷えをシャットアウト。家中どこでも裸足ですごせる暖かさ

開口部

開口部

断熱性の高いサッシとLow-Eガラスにより室内外の温度差による結露を防ぎ、外気の流入を防ぎます

もちろん長期優良住宅対応

住宅ローン減税最大控除額+500万円

フラット35Sで住宅ローン金利引き下げ

税金の軽減:不動産取得税、登録免許税、固定資産税

2009年6月4日より、長期優良住宅の認定がスタートし、国をあげて寿命の長い住宅の普及・支援がはじまっています。長期優良住宅は、これまでの主流だった「古くなったら建て替える」住まいのスタイルではなく、住宅の寿命を延ばすことで解体による環境負荷を減らし、 数十年経っても資産価値を高めていく住まいのこと。新築時の住宅性能強化や居住後に計画的な点検・補修が求められる半面、 減税額・期間の拡大や最大50年の長期ローンの整備などの優遇措置が導入されています。 テクノストラクチャーの住まいは、この長期優良住宅にも対応する高性能住宅。木と鉄の特性を活かした高耐久・耐震構造により、住み心地のよい住環境と資産価値を永く保ちます。

高性能で長持ちする家づくりへ
住宅性能表示制度

高性能で長持ちする家づくりへ住宅性能表示制度

消費者を保護し、安心で良質な住宅の普及を目的に、1999年6月に「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」が交付されました。
構造安定性や耐久性、省エネルギー性などの住宅性能の共通ルールを作って等級化することで工法や材料が違う住宅でも客観的に比較できるようにした任意の制度です。これは「長期優良住宅」認定の際の重要な基準となります。

構造安定性能

構造安定性能

耐震等級3 耐風等級2 耐積雪等級2

テクノストラクチャーの構造強度と自動躯体計算システムにより最高等級の選択可能

劣化軽減性能

劣化軽減性能

劣化対策等級3

壁体内の通気構法とテクノビームのめっき処理、材料の防腐・防蟻処理

温熱環境性能

断熱等性能等級4

劣化対策等級3

ウレタン断熱・サーモロックシステムなど地域に最適な断熱性能を確保

維持管理性能

維持管理性能

維持管理等級3

給排水管等のメンテナンス・維持管理がしやすい点検口や清掃口を設置

pagetop